【S11最高最終2117・28位】無敵ミミマンダポリ2

こんにちは!ポケラバ4年のよしまさといいます。

S11お疲れさまでした!当たった方は対戦ありがとうございました。

今回は1シーズンぶりに2100に乗れたのと、達成4回目にしてやっと2100から勝つことが出来ました。夏休みでモチベも高かったので、目標達成することが出来てうれしいですね。構築名かっこいいのが思いつかなかったのでダサい感じになりました><

【結果】

tn ♪かなん♪☀

最高最終2117 最終順位28位

f:id:yoshiarutsu:20180904171513p:plain

f:id:yoshiarutsu:20180904171251p:plain

【並び】

f:id:yoshiarutsu:20180904171104p:plain

【構築経緯】

前期1位の激流ゲッコウガ+ミミマンダコケコどれから来てもある程度打ち合うことが出来る両刀HDポリゴン2が強いと考え構築をスタート。HDポリゴン2は構築に採用されやすい地面電気水とも万遍なく打ち合うことできるという唯一無二の性能を持つ。受けでありながら非常に対面性能の高いポケモンでもある。

しかしポリゴン2などの高耐久ポケモンは強力な積み技持ちにペースを握られやすい。そこで相手に展開されても切り返すことが出来るストッパーとしてSM環境最強のミミッキュを採用。

メガ枠としてポリゴン2とサイクルを回しやすくミミッキュとの物理の役割集中をすることができるボーマンダを採用。この3体を軸とした。

この3体だと相手の受け回しの突破が困難である。最初はレボルトやウルガモスなどの強力な崩しを採用していたが、軸の3体と相性が悪く選出が窮屈になってしまいレートが2000で伸び悩んだ。そこで構築がサイクルに寄せているということもあり、受けに強い受けポケモンを採用し構築を補完していった。

【コンセプト】

・サイクルによる削りからミミッキュボーマンダを通す

・サイクルで詰める

【個体解説】

ボーマンダ@メガストーン 威嚇→スカイスキン

http://www.pkparaiso.com/imagenes/xy/sprites/animados/salamence.gif

意地っ張り

212-44-4-0-12-236

恩返し/羽休め/竜の舞/身代わり

*C211めざ氷耐え、恩返しで無振りミミッキュ最低乱数以外一発

 

メガ枠。ボーマンダは威嚇と身代わり羽休めでサイクルを回しつつ自身が強力な勝ち筋となり得るポケモンなのでサイクル寄りの構築と非常に相性がいい。ポリゴン2が苦手なリザXや格闘タイプをしっかり処理してくれるのでポリゴン2と受け攻めの相性もいい。地震は打ちたい相手が不明確なのと身代わりが強すぎて採用を見送った。威嚇は残し得。どのような構築にも出せるポケモンではないので選出は慎重に。全部のポケモンに言えることなんですけどね。Sラインは諸説。

 

ポリゴン2@進化の輝石  ダウンロード

http://www.pkparaiso.com/imagenes/xy/sprites/animados/porygon2.gif

生意気

248-0-12-0-252-0

恩返し/冷凍ビーム/放電/自己再生

 

受け回しの軸。前期の結果からゲッコウガが増えることは予想がついていたのでシーズン通して活躍した。環境にいるほぼすべてのゲッコウガを処理できるだけでなく、取り巻きに採用されやすいコケコ、マンダ、地面などにも比較的有利が取れる。ミミッキュも最悪皮をはがすことが出来るので 困ったら選出するぐらいには頼っていた。相手が攻撃的な構築であるほど刺さっていた印象。放電と冷凍ビームはこの構築最大の上振れ要素。放電で麻痺らせればミミマンダで見れないポケモンは多分いない。シーズン通してきれいに処理されることがなかった。(相手はコケコで無理やり削ったりうんぬん)

 

ミミッキュミミッキュZ ばけのかわ

http://tannbura.com/wp-content/uploads/2016/12/e3b48c9ee28d26385ec3d2a5259acd59.gif

意地っ張り

228-252-20-0-4-4

じゃれつく/つるぎのまい/かげうち/呪い⇔鬼火

 

 最強のストッパー。ほぼ後発から繰り出し相手の積みアタッカーを処理して切り返していく。Zは単純に火力が出るミミッキュZ。以前よりも免疫カビゴンが増えていたので出来るだけ毒ではなくてミミッキュを絡めて倒すようにしていた。技残り一枠はサイクルと相性のいい呪いとミミッキュに繰り出されやすい地面鋼に刺さる鬼火を入れ替えながら使用していた。後発ミミッキュを綺麗に処理されたことないしチート性能ポケモンだ。

 

ここまで相手の受け回し対策が薄かったので構築経緯の通り受け回しに採用されやすいラッキーエアームドモロバレルなどに突破されにくく汎用性の高いポケモンを補完として選んだ。

 

グライオン@毒毒玉 ポイズンヒール

http://www.pkparaiso.com/imagenes/xy/sprites/animados/gliscor.gif

陽気

228-0-0-0-52-228

地震/どくどく/守る/身代わり

*最速霊獣ランドロス抜き

 

ここまでで電気の一貫があるのと眠り耐性や後述のポケモンと合わせてラキムドーに突破されづらいポケモンとして採用。構築単位でコケコがそれほど重くなく、それよりもミミッキュランドロスの上から毒を打てるメリットの方が大きいと考え陽気採用。特性が優秀でステロが痛くないのと繰り出すだけで勝手に回復していくのが魅力。後述のポケモンと合わせてのPP枯らしが非常に強力だった。ギロチンは弱い。

 

ギルガルド@食べ残し バトルスイッチ

http://www.pkparaiso.com/imagenes/xy/sprites/animados/aegislash.gif

冷静

252-0-0-252-4-0 (最遅)

シャドーボール/どくどく/かげうち/キングシールド

 

構築で唯一グロスに有利なポケモン。引き先に高火力をぶつけていくためのC特化。展開を予想して毒を当てるかシャドボを押していくか見極めていくことが大切。かげうちは身代わりとの選択だが詰め筋が増えるかげうちの方が優秀だと考えて採用。グライオンだけでなくポリ2マンダとも相性がよくセットで選出することが多かった。特にマンダガルドの並びが強力。グライと一緒でステロが全く痛くなくラッキーエアームドに無限に後出し可能。高火力シャドボを複数回打ち、相手のサイクルを何度も崩壊させた。グライムドーと違ってガルドが強力な詰め筋になるのが強い。表のMVPはポリゴン2だけどこいつはほんとに強かった。

 

ドヒドイデ@黒いヘドロ 再生力

https://www.pkparaiso.com/imagenes/sol-luna/sprites/animados/toxapex.gif

穏やか

252-0-4-0-252-0

ねっとう/毒びし/黒い霧/自己再生

 

最後に採用したポケモン。構築全体でウルガモスに対して薄かったのとグライポリ2との相性を考えて採用。グライのd方面の耐久に不安が残り、相手のギルガルドのシャドボも意識した。毒びしはオニゴーリ用とサイクルを有利に進めるため。まあゴーリには零度当てられるんで勝てないんですけどね。交代するだけで勝手に回復していくのでサイクルを回しつつ熱湯を打っていく動きが強力だった。PP総量が多いのも魅力。構築のストッパーは全部ミミッキュに任せていたので氷ZではなくHP管理のしやすい黒いヘドロ。毒びしでマンダの一貫作ったりフィールド貼る前のレヒレに毒入ってグライでまもみができたりして結構楽しかった。

 

追記

【補完のグライガルドドヒドの強みについて】

軸のミミマンダポリ2というのは非常に対応範囲が広く様々なパーティに出していけますが、グロスの絡んだサイクルやエアームドを絡めた受けサイクルorループに不利を取ってしまいます。

受け回しを崩す一般的な方法としてはリザードンXや霊獣ボルトロスなどの強力な積みアタッカーを採用することが挙げられます。そのようなポケモンを採用することで受け回しを突破するには構築で役割集中の形が取れてこそです。例えばリザードンXでエアームを突破して裏のミミガッサを通す、レボルトでラッキーを受け困難なHPまで減らして裏のガモスを通すなどです。

しかしこの構築ではどうあがいてもミミマンダの役割集中でエアームドが突破できない、かつ強力な積みアタッカーを採用してもシナジーが薄く選出が窮屈になってしまいます。

そこで受け回しが突破できないなら突破しなければいいという発想の元、この並びを採用しました。注目したのが残飯ギルガルドでこのポケモンエアームドやラッキーからの打点が全くなく、ステロも全く痛くありません。無限に受け出すことが出来ます。メタグロスにも強めです。グライオンと一緒に採用することで交代しているだけで突破されることがありません。

しかし、ラッキーやエアームドドヒドイデヌオーフシギバナバレルなどが絡んでくるとグライオンが疲弊し一気に崩壊してしまいます。そこで採用したのがHDドヒドイデです。グライガルドと相性がよく、再生力のおかげでこのポケモンも無限回受け出しに向いています。黒いヘドロを持たせることで居座ることが出来、毒びし熱湯で負担をかけPP枯らしを行うなど柔軟な立ち回りができるようになり選出パターンも広がりました。

受けミラーではこの3体を選出し、突破されずに相手をシャドーボールで崩していくのが勝ち筋となります。ミミマンダが構築にいるため役割対象がほいほい出て来て結構勝つことができました。

動きがばれると多分弱いです。グライがいるとマンダを絡めることもありました。もう少しいい方法があると思いますがこれが限界でした。

だれか開拓してください

 

【選出】

・ポリゴン2+ミミッキュボーマンダ

対面的な選出。ポリ2で展開しつつミミマンダの役割集中がどのような構築に対しても強力だった。困ったらこれ。7割ぐらいこれ。

ギルガルド+ポリゴン2(+ボーマンダ

カバリザグロスに対しては大体投げてたと思う。取り巻きに採用されるゲッコウガはポリ2、ガッサはガルドを眠らせてなんとかする。

グライオンギルガルドドヒドイデ(ポリゴン2orボーマンダ

早押し対決。相手がプレミしてガルドのシャドボが上手く通ったり通らなかったり。

他にもいろいろ

 

選出率(体感)

ミミッキュポリゴン2ボーマンダギルガルドグライオンドヒドイデ 

選出間違えると詰むので命かけてました

 

【きつい相手】

オニゴーリ

初手グライで毒打ったり呪いで対策しようとしても零度当てられて終わる。構築の汎用性保ったままゴーリの対策できないのこのゲームの欠陥だと思う。

・サンダー

静電気サンダーが出てくるたびお前ポケモンパン食ったんか?って嘆いてた。グライで上から毒打ってなんとかする。

ドリュウズ

不利対面ドリルで崩壊

 

以下どうでもいい感想

 

【感想】

環境的に受け回しが強かったのではないかと思っています。S7で激流ゲッコウガとカバマンダガルドが流行ったときに受けループも結構結果を残していたのでそれを読んで受け回しの補完をして正解でした。

構築に自信があったので本当はもっと上を目指したかったのですが最高レート達成時にすでに朝の5時、12時間ぶっ続けでレートに潜って疲れていたのでこれ以上やっても溶かすと考え保存しました。(あと開催されるかわからないけどボスラッシュに出てみたかった)

終盤急に勝てなくなって1800前半まで溶かした挙句5戦ほどゴーリ闇落ちしたのは内緒。さらに溶かして禿げてたけど気持ち入れ替えてこのパーティで頑張ったら連勝しまくった。

次いつレートに潜るかわかりませんが今度は2150目指して頑張りたいと思います!どれくらいの年月がかかるかわからないけどいつか1ページにも入ってみたいですね。

S7S8何やっても勝てないシーズンがあってくそげーくそげー言っていたのですが最近少しだけ勝てるようになってきて楽しいです!

 

ほんとはリザードンとかゲッコウガが殴るかっこいいパーティで勝ちたいけど構築どんどんインキャサイクルになっていって草

 

ここまでご覧いただきありがとうございました!

 

ツイッター

@yoshiarutsu